先頭へジャンプ

子ども育成学部 - 教員紹介 - 本江 理子

氏名: 本江 理子 / ほんごう りこ / HONGO Riko
役職: 准教授
専門分野: 保育学、幼児教育学
担当授業: 保育者論、保育内容(人間関係)、保育内容(言葉) など
経歴: 日本女子大学大学院家政学研究科修士取得、保育所・幼稚園及び保育士養成校などを経て富山国際大学子ども育成学部講師、同准教授、保育士、幼稚園教諭
所属学会: 日本保育学会、日本乳幼児教育学会、日本保育者養成教育学会、絵本学会
研究テーマ: 保育観と人間関係について
著書: 【主な著書】
・「保育の基本5 発達に合わせて援助する保育とは」 共著 フレーベル館(1997)

・ 「保育現場と養成校のコラボレーション!実習生指導サポートブック」 共著 北大路書房(2013)

・ 「幼稚園・保育所の運営トラブル解決事例集」  共著 第一法規(2015)

・ 「シードブック 保育内容言葉〔第3版〕」 共著 建帛社(2018)

・ 「新しい保育講座4 保育内容総論」共著 ミネルヴァ書房(2020)
論文: 【主な論文】
・「地域社会参加活動」の成果とその意味するもの〜4年間をふりかえって〜 富山国際大学子ども育成学部紀要 第4巻(室林孝嗣・本江理子:2013)

・「子どもの権利条約」をいかに実践するのか−保育・社会福祉・人権論から考える− 富山国際大学子ども育成学部紀要 第10巻第2号(彼谷環・村上満・本江理子:2019)
学会発表・講演等: 【研究】
・研究代表者 本江理子 財団法人富山第一銀行奨学財団研究助成 「若手保育者の専門性向上に関する研究 ―養成校と保育現場との協働の可能性を探る―」(2016)

・研究代表者 村上満(研究分担者 彼谷環・本江理子) 平成27年度科学研究費助成事業 学術研究助成金 挑戦的萌芽研究 「保育ソーシャルワーカー導入に向けた養成システム構築に関する実証研究」

【学会発表】
・「子どもをみる視点の変容 ―実習生の省察を手がかりに―」 第66回日本保育学会ポスター発表(2013)

・「園内研修会の負担感について」 第70回日本保育学会ポスター発表(2017)

・「保育士会研究部会のあり方の検討(3) ―事例検討会に焦点を当てて―」 第72回日本保育学会ポスター発表(2019)

・「公開保育のあり方の検討(1)― 当日までのプロセスをたどって ―」 第73回日本保育学会ポスター発表(2020)

                                              ほか
社会活動: ・子どもと保育実践研究会 監事
・学校法人八王山学園あすなろ幼稚園(東京都葛飾区) 学校評議員
・砺波市保育研究部会(幼稚園1部会・2部会) 講師 (2014年度・2015年度・2017年度)
・富山県保育士会委託研究(立山町保育士会) 研究指導者 (2015年〜2019年)
・富山県保育士会公開保育(射水市保育士会) 研究指導者(2019年〜2020年)

                                              ほか
研究成果:

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.