先頭へジャンプ

子ども育成学部 - 教員紹介 - 宮田 徹

氏名: 宮田 徹 / みやた とおる / MIYATA Toru
役職: 教授
専門分野: 児童家庭福祉
担当授業: 児童家庭福祉論、社会福祉概論、社会的養護原理、教育相談
経歴: 慶應義塾大学大学院社会学研究科修士課程修了、富山県職員(児童相談所心理判定員、厚生部障害福祉課)、富山短期大学(幼児教育学科教授)を経て、2018年より富山国際大学子ども育成学部教授。臨床心理士。
所属学会: 日本心理臨床学会、日本社会福祉学会、日本発達心理学会、日本保育者養成教育学会
研究テーマ: 子育て支援、保育者養成教育
著書: ○主な著書
1.「改訂 新・社会福祉概論」共著 みらい 2004年4月
2.「保育と社会福祉(第2版)」共著 みらい 2015年3月
論文: ○主な論文
1.宮田徹(2007)「富山県における幼保一元化の動向と課題」富山短期大学紀要第42巻、pp.1-16

2.宮田徹(2008)「不登校児童援助ネットワークに関する考察−共通理解と連携のためのポイント」富山短期大学紀要第43巻第2号、pp.67-75

3.宮田徹、水田聖一(2009)「学校教育相談とカウンセリング・マインド−教育とカウンセリングの関係について−」富山国際大学国際教養学部紀要第5巻、pp.59-70

4.宮田徹(研究代表)他(2011)「指定保育士養成施設教員の実態に関する調査報告書T−調査結果の概要−」全国保育士養成協議会保育士養成資料集第54号

5.宮田徹(研究代表)他(2012)「指定保育士養成施設教員の実態に関する調査報告書U−調査結果からの展開−」全国保育士養成協議会保育士養成資料集第56号

学会発表・講演等: 1.宮田徹(2009)「保育士養成校としての省察」平成21年度全国保育士養成セミナー分科会A-1

2.宮田徹(2012)「『指定保育士養成施設教員の実態に関する調査』から養成校教員の課題を考える−初任者を中心に−」平成24年度全国保育士養成セミナー分科会F12

3.宮田徹(2013)「『子ども・子育て支援新制度』と今後の就学前保育・教育」富山県地域福祉研究会第108回シンポジウム

社会活動: 1.富山県立黒部学園第三者委員
2.富山県放課後子どもプラン推進委員会副会長
3.富山県立富山学園第三者委員
4.富山市立保育所における苦情解決のための第三者委員
5.南砺市保育園審議会会長

研究成果:

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.